社員教育の質を上げる方法

社員教育は、従業員のスキルを高める事が出来るものですが教育の質が悪いと十分にスキルを高める事が出来ないです。そこで、社員教育の質を出来る限り向上させる必要があるのでこれから教育の質を上げる方法をお話していきます。

社員教育で人材の強みを活かすには?

社員教育を行うと、社員個々の能力が上がります。結果として、社員が力を発揮し、会社の業績は上がります。

社員教育をした後は実技テストを行う

インプットだけでは不十分

一般的に会社での社員教育は、座学が中心となっています。必要なマニュアルが配布され、教育係の先輩社員から説明を受けるという流れをイメージされる方も多いのではないでしょうか?確かに、まずはインプットが必要です。社員が同じ目標をもち、またいつまでにどんなビジネスパーソンになってほしいか、ということを考える土台が、社員教育では実施されますから、業務の遂行に必要な情報や知識は、新入社員のうちに身につけておいてほしいものです。しかし、実はインプットだけでは、「使える知識」にはなりません。実際に業務遂行につながる社員教育には、アウトプットのトレーニングが欠かせないのです。そこで、具体的なトレーニング方法について説明します。

アウトプットのトレーニング方法

実際にインプットした知識や情報を、使える、つまりアウトプットする練習としては、いくつか方法はありますが、最も効果的なことが「実技テスト」でしょう。グループワークであれば、一緒に学んだ社員同士が問題を出し合い、その答えが正しいかどうかをお互いに確かめます。それだけでも意識を高めるのにとても効果があるのですが、その場の緊張感が不足しているようであれば、教育係の社員が、実技テストを行うのもよいでしょう。ただし、実技テストを行うときは、教育係である社員の負担が大きくなる傾向がありますから、その分インプットを動画で行う等の配慮があるとよいでしょう。実技テストの結果は、必ず「合格」させて終えることでモチベーションも維持しやすくなります。

社員教育で学んだ事を活かすためには

社員教育をする時は、学んだ事を仕事に活かす事ができなければ意味がないです。そこで、社員教育を受けた従業員がどのような行動を取らなければいけないのかをこれからお話していくので、社員教育を受ける人は参考にしてくださいね。

社員教育で学んだ事を復習する

新入社員ばかりではなく、一般社員や管理職に向けて、社員教育を行う企業が増えています。その理由として、社員教育に対する関心が高まっていることが挙げられています。定期的に社員教育を行うことによって、仕…

Read more

大事な事はメモをしておく

新入社員は社会人としての常識やマナーだったり、仕事の基礎知識だったりなどをしっかりと学ぶことは大事です。また、中堅やベテラン社員は会社の安定と成長を目指し、さらなる知識や技術の習得は欠かせないでし…

Read more

習得したスキルを次の日から仕事で活かす

評判の良い設備の購入や最新のサービスの導入は、売上をアップさせる方法として会社にメリットがあります。ただ、設備やサービスを使用するのは人なので、会社を成長させるには社員教育の実施がポイントです。勤…

Read more